ログイン

放射線とインプラント

著者:Lindh Christina/Övertandläkare/Professor/Avd för Oral och Maxillofacial Radiologi/Malmö
公開日: 20170213
更新日: 20170213

一般的な原則

X線などのイオン化放射線にさらされると、生体組織が損傷するリスクが常にあります。このため、一般的な原則として、X線検査は、臨床検査で診断および治療の決定の基礎として十分な情報が提供されない場合にのみ実行する必要があります。もう1つの重要な原則は、X線検査は可能な限り低い線量で実行する必要があり、特定の問題に関する十分な情報を提供できる代替の放射線技術を検討する必要があるということです。すべてのX線検査は、いわゆるALARAの原則に従って実行する必要があります(ALARA =合理的に達成可能な限り低い)。

インプラント治療に関連して実施されるX線検査は、治療の計画またはフォローアップに関係するかどうか、および顎のどこに歯のない部分があり、インプラント治療を検討できるかを計画するときに、範囲が異なります。インプラント治療に関連するX線検査にはいくつかのモダリティがあり、さまざまなモダリティからのX線画像がさまざまな情報を提供します。

移植治療におけるX線検査のモダリティ

パノラマX線

パノラマX線画像は、インプラント治療を計画するときと治療をフォローアップするときの両方で重要な情報を提供します。この画像は、臨床医が、骨の数、架空のインプラント部位の近くにある解剖学的構造、および顎の病理学的プロセスの概要を把握するのに十分です。フォローアップすると、パノラマX線画像は、インプラントが配置されている場所と、ある程度の辺縁骨のレベルの良いアイデアを提供します。ただし、口腔内画像に比べて解像度やコントラストが低く、細かい構造や細部を見る必要がある場合は、この目的を果たしません。

パノラマX線画像は、X線源が患者の後ろで回転し、検出器が前で回転するときに発生します。 X線管と検出器は50〜70cmの距離でしっかりと接続されています。露光中、狭いビームフィールドがジョーを通過して検出器に…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。