ログイン

口および顎領域の嚢胞

著者:Modig Maria/Övertandläkare/Avd för Käkkirurgi/Västerås
公開日: 20140828
更新日: 20211117

前書き

この嚢胞ファクトシートは、すべての嚢胞の完全なレビューではありませんが、口腔および顎顔面領域で最も一般的な嚢胞のいくつかの概要であり、歯原性嚢胞と非歯原性嚢胞に分けられます。
最終的に、実際の嚢胞ではない病変も、見出しの偽嚢胞の下で治療されます。

病原体

嚢胞は、上皮に囲まれた病理学的空洞として定義されます。
それは、上皮細胞の塊に増殖する上皮の残骸を刺激することによって発達します。
塊の直径が大きくなると、塊の中心にある上皮細胞は、最も近い血管からますます離れてしまい、最終的には拡散によって生き残ることができなくなります。これにより、上皮細胞が死滅し、内腔が形成されます。
死んだ上皮細胞の細胞内生成物は、内腔を高張性にし、体液が嚢胞に輸送されるようにします。これにより静水圧が上昇し、骨吸収、嚢胞の拡張、時には知覚異常や痛みを引き起こします。
嚢胞のサイズが大きくなると、周囲の結合組織が圧縮されて結合組織カプセルになります。上皮は成熟し、基底膜を形成します。

治療の原則

大きな嚢胞は、術前にCBCTまたはDTで検査する必要があります。

大きな嚢胞の治療前に診断を確実にするために、吸引が考慮されるかもしれません。
藁色の吸引物では、嚢胞の除核を目的とした探索が行われます。
吸引しても収量が得られない場合は、固形病変が疑われ、生検が行われます。
吸引液のみの血液の場合、病変はレーザードップラー技術または血管造影法でさらに調査されます。

除核

これは、骨腔内のすべての軟組織と硬組織の除去を意味します。定義上、それは実際には嚢胞カプセルが破裂することなく嚢胞病変全体をスケールアウトすることを意味します。この治療法は、大多数の嚢胞の最初の選択肢です。
歯根嚢胞の場合、原因となる歯も治療する必要があります。

キャノピーによる除核

これは、除核に加えて、数ミリメートルの厚さに対応する周囲の骨もキュレットまたはドリルで…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。