ログイン

歯原性感染症の抗生物質治療

著者:Ahlinder Helena/ST-tandläkare/Specialistkliniken för orofacial medicin/Göteborg
公開日: 20130407
更新日: 20201101

バックグラウンド

歯原性感染症の主な治療法は、排液を作り出すことです。歯科での抗生物質の使用は厳密な適応症である必要があり、広範囲の抗生物質はほとんどの場合避けるべきです。すべての抗生物質治療では、単回投与であっても、回復するのに数ヶ月かかる可能性のある正常な植物相に変化があります。

抗生物質耐性とは、細菌が抗生物質に対する耐性を発達させることを意味します。これは、スウェーデンだけでなく国際的にも深刻化する問題です。したがって、適切な種類の抗生物質を使用して、適切な適応症で、適切な用量で、十分な時間、抗生物質を処方する必要があります。

口腔感染症のリスクを減らし、それによって歯科治療における抗生物質の処方を減らすための最も重要なことは、良好な口腔衛生と予防的歯科治療です。

以下の推奨事項は、2014年からの医療製品庁の国内推奨事項に準拠しています。

感染症とは何ですか?

感染症は、組織内の病原性微生物の侵入と成長です。

急速に成長する細菌は、発赤、腫れ、膿の形成、痛みなどの局所症状を伴う急性感染症引き起こします。急性感染症では、発熱し、一般的に影響を受ける可能性があります。

慢性感染症では細菌はゆっくりと成長します。その場合、患者はよりびまん性の症状を示したり、無症候性になることさえあります。慢性感染症は抗生物質で治療するのがはるかに困難であり、ここでは効果が遅れるか、あるいは存在しない場合さえあります。

口腔感染症の蔓延の初期の兆候は、リンパ節の腫れ、局所的な腫れ、痛みです。患者は、以下の兆候のいずれかと組み合わせて、38度を超える熱について救急科に紹介されるべきです。