ログイン

口腔顔面痛および顎機能障害の画像診断

著者:Petersson Arne/Professor emeritus/Avd för Oral och Maxillofacial Radiologi/Malmö
公開日: 20161018
更新日: 20200126

バックグラウンド

顔面領域の痛みの最も一般的な原因は、歯髄と顎骨の炎症、および顎機能障害(側頭下顎機能障害-TMD)です。痛みの状態の診断では、麻酔と臨床検査が基本ですが(ビット生理学と歯内療法の章を参照)、診断を行うために補足のX線検査が必要になる場合があります。 X線検査は常に臨床所見に基づいている必要があり、明確な質問がなければなりません。

さまざまなイメージング方法

痛みの診断に使用される最も一般的なX線法は、口腔内X線とパノラマX線です。最近、コーンビームコンピュータトモグラフィー(CBCT)と呼ばれる3次元X線法が開発されました。 CBCTは、コンピューター断層撮影(CT)にほぼ匹敵しますが、この方法では通常、より低い放射線量が得られます。
CBCTとDTは主に硬組織の診断に使用されますが、問題が軟組織に関係する場合は、磁気共鳴イメージング(MRI)がより良い情報を提供できます。 CBCT、DT、およびMRIは、歯科放射線学の専門家によって使用され、紹介が必要です。 CBCTとDTは、イオン化放射に関連する可能性のあるリスクを伴うX線を使用しますが、MRIは、既知の健康上のリスクのない電波と磁場に基づいています。ただし、患者は検査の前に質問票に記入して、検査に矛盾があるかどうかを評価する必要があります。

歯痛

咬傷検査は、骨組織の診断のためにう蝕および根尖周囲のX線を記録するために使用されます。痛みの状態が不明確で、概観画像が必要な場合は、パノラマX線が表示されることがあります。
X線診断の結果、デンチンのう蝕の登録が大幅に不足しています(SBUレポート188)。
また、根尖周囲X線による骨組織変化の診断では過小診断のリスクが高く、パノラマX線では過小診断のリスクが非常に高くなります(SBUレポート203)。一方、過剰診断のリスクは小さいです。
CBCTは、骨組織の根尖周囲…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。