ログイン

部分入れ歯

著者:Franke Stenport Victoria/Övertandläkare/Professor/Avd för Oral Protetik/Odontologisk materialvetenskap/Göteborg
公開日: 20120304
更新日: 20220210

バックグラウンド

部分的に歯のない顎は、先天性奇形によって引き起こされるか、虫歯や歯周炎などの外傷や病気の結果である可能性があります。
無歯により機能不全が生じた場合は、取り外し可能な部分床義歯で修復することができます。

治療手続

前処理

計画

咬合サポートとアクティブリテンションエレメントの計画(ブラケットタイプの選択を含む)および接続部分の選択(下顎の舌側バーまたは歯科用副子、上顎の部分的な歯肉プレート)。必要に応じて、ガイド面の研削と前回転閉塞研削を行います。研究モデルは計画を容易にします。調査でのプロミネンス分析後の補綴物の設計の計画。

参照: 部分補綴物-設計原則

一次刻印

研究モデルの作成と個々の段階のための標準段階でアルギン酸塩と一緒に撮影。
残りの咬傷とクリステの垂直方向の差が大きい場合、または高度に吸収されたクリステの場合は、個々のスプーンが特に重要です。個々のステージは、完全なプロテーゼの個々のステージと同様の方法でトリミングする必要があります。残りの咬合の歯の間に大きなおおよそのスペースがある場合は、印象の一部を引き裂かないように、これらをワックスでブロックする必要があります。

補綴前の研削

咬合サポートの準備、ガイドプランおよび可能な咬合研磨。歯および歯のない部品の明確な刻印(アルギン酸塩またはAシリコーン)。
残りの咬合の歯の間に大きなおおよそのスペースがある場合は、除去するときにインプリントの一部が裂けないように、たとえばワックスでブロックする必要があります。

ビットテンプレートを使用したスケルトンのテスト

スケルトンが正しい範囲にあり、安定していること、咬合サポートがプレパレーションの下部にあること、アクティブなステープルが正しく設計されていることを確認してください。顎の拮抗と軟組織の充填に正しく適応するためのビットテンプレートの設計。骨格は通常コバルトクロムでできています…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。