ログイン

フリーエンドレス、片面および両面

著者:Collin Bagewitz Ingrid/Odont Dr/Avd för Oral Protetik/Karlskrona
公開日: 20110428
更新日: 20200511

バックグラウンド

社会庁による歯科治療ガイドライン

意味

虫歯がないということは、歯列の最後の歯の後ろに歯がまったくないことを意味します。

自立無歯は、顎の片側にある場合は片面と呼ばれ、両側にある場合は両面と呼ばれます。

片側性の自由歯性尿失禁は、歯がないこと(最も後方)から1本の歯だけが残っていることまでのあらゆるものに限定することができます。自立型の無歯顎は、歯列弓の中心線を超えて広がる可能性があります。

両面の自由歯の無歯には、残りの咬傷の両側に少なくとも1本の歯がないことから、残りの1本の歯の両側に合計15本の歯が分布していないことが含まれる場合があります。

この状態は、1923年にニューヨーク州のエドワードケネディ博士によって説明および分類されました。

原因

自立無歯の状態は、先天性または後天性である可能性があります。

それは、異常、外傷、病気によって引き起こされるか、顎の病気の治療後の残存状態を構成する可能性があります。歯の喪失につながる可能性のある最も一般的な病気は、虫歯と歯周炎です。 1つまたは複数の歯の状態の先天性欠如は、遺伝的に決定されるか、外胚葉異形成などの症候群に関連している可能性があります。顎の腫瘍の切除は、通常、歯の喪失にもつながります。

症状

歯の欠如はそれ自体が病状ではありませんが、病気の結果であり、さまざまな程度の機能障害を引き起こす可能性があります。一般的な症状は、患者が社会的および心理社会的観点から、噛んだり、食べたり、話したり、十分に機能したりすることが困難なことです。自由歯の失禁が非常に広範囲で、頬の歯のサポートが完全に欠如している場合、咬合が崩壊する可能性があり、たとえば、上顎前部で口蓋に噛む組織が発生する可能性があります。

難易度は、残りの歯の数と残りの咬合の…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。