ログイン

歯の位置を固定した後の白い斑点病変

著者:Sonesson Mikael/Övertandläkare/Universitetslektor./Odontologiska Fakulteten/Malmö Universitet
公開日: 20150916
更新日: 20210112

バックグラウンド

スウェーデンでは約4人に1人の子供が中かっこで治療されており、これらの子供たちの最大50%がいわゆる「ホワイトスポット病変」(WSL)を発症しています。損傷は、エナメル質の「脱灰」によって引き起こされる通常は白っぽい外観のため、WSLと呼ばれ、影響を受ける表面の数と歯の広がりによって異なります(図1-3 )。損傷は主にブレースのブレースの周りで発生し、前歯によく見られるように外観を損なうことがよくあります。自然治癒する能力が限られている怪我は、最終的な治療結果を損なう瘢痕に例えることができます。


図1.WSLのより細いバンド


図2.包括的なWSL


図3.WSLの広帯域

原因

歯列矯正器で治療している間、虫歯の一時的なリスクが高まります。口腔内の局所的な状態の変化は、とりわけ、pHの低下につながります。さらに、歯の周りの環境がミネラルで飽和していない場合、カルシウムとリン酸塩が溶解し、エナメル質表面の目に見える脱灰のリスクが高まります。

処理

広範囲で費用のかかる治療を回避するために、確立されたWSLを可能な限り組織を節約する方法で治療できることが望ましいであろう。

フッ素やカゼイン溶液でのシール、エッチングや樹脂の含浸など、さまざまな処理が試みられてきました。残念ながら、文献によると、信頼できる証拠に基づく方法はありません。一部の怪我は自然治癒し、治療が必要な患者の選択を複雑にします。

予防

追って通知があるまで、歯科医の治療は予防的に行う必要があります。齲蝕の予防には、あらゆる形態のフッ化物の供給が不可欠です。

フッ化物はエナメル質の脱灰と再石灰化に影響を及ぼし、口腔細菌の代謝を阻害することもあります。歯科矯正患者は虫歯を発症するリスクが高いため、このグループには追加のフッ化物が必要になる場合があります。

フッ化物に関する以前の研究は、フッ化物濃度と虫歯予防に関して一般的に用…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。