ログイン

矢状偏差

著者:Paulsson Liselotte/Docent/Odontologiska fakulteten/Malmö universitet/Kjellberg Heidrun/Folktandvården/Lund
公開日: 20110510
更新日: 20220617

バックグラウンド

矢状咬合偏差は次のように分けられます。

異常は、骨格、歯、またはそれらの組み合わせである可能性があります。前方強制反転を伴う前正常咬傷は、疑似クラスIII関係とも呼ばれます。若者の集団では、正常後の咬傷の有病率は約14〜26%であり、正常前の咬傷の有病率は0.5〜5%です。

原因

理由は多因性ですが、たとえば次の原因が考えられます。

 症状

 ポストノーマルビット

異常な咬傷

臨床所見

ポストノーマルビット

サイドセクションの上顎の歯は、通常の関係である角度クラスIの咬合と比較して、下顎の歯に対して、咬頭幅の半分以上ずれています。

上顎切歯は、傾斜または逆傾斜させることができます。これは、正常後の咬合を2つのサブグルー…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。