ログイン

矢状偏差

著者:Kjellberg Heidrun/Docent/Folktandvården/Lund
公開日: 20110510
更新日: 20200520

バックグラウンド

矢状咬合の偏差は次のように分けられます。

-ポストノーマル(オーバーバイトまたはアングルクラスIIバイト)
-プレノーマル(アンダーバイトまたはアングルクラスIIIバイト)

異常は、骨格、歯、またはそれらの組み合わせである可能性があります。前方強制反転を伴う前正常咬傷は、疑似クラスIII関係とも呼ばれます。

若者の集団では、正常後の咬傷の有病率は約14〜26%であり、正常前の咬傷の有病率は0.5〜5%です。

原因

理由は多因性ですが、次のような理由が考えられます。

症状

ポストノーマルビット

偏差は、拮抗薬の接触が通常よりも少ないため、歯が失われた場合に咬合が低下するリスクが高まることを意味します。
上唇が前歯を保護しないため、大きなオーバーバイトのある子供や青年の外傷のリスクも高くなります。

異常な咬傷

臨床所見

ポストノーマルビット

外側部分の上顎の歯は、通常の関係(角度クラスIの咬傷)と比較して、下顎の歯に対して近心に尖幅の半分以上ずれています。

上顎切開は、傾斜または逆位にすることができ、これは、正常後の咬傷を2つのサブグループ、角度クラスII:1 (図1)および角度クラスII:2 (図2)に分割するための基礎を形成します。

図1-アングルクラスII:1では、上顎の切開は傾斜しています。つまり、外側に傾いて…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。