ログイン

Burn熱症候群

著者:Thyberg Fredric/Leg tandläkare/Avd för Sjukhustandvård/Karlstad
公開日: 20140110
更新日: 20190831

バックグラウンド

BMSは、International Association of the Study of Pain(2013)によって、「特定の原因となる病変がなく、別の状態や病気では説明できない、口腔粘膜からの慢性的な痛みの状態または不快感」と定義されています。
BMSは基本的に除外診断です。

有病率

実施された研究では、BMSと他の状態に関連する可能性のある口洗い症状を常に区別しているわけではないため、BMSの有病率を判断することは困難です。目に見える口腔病変のない口の痛みを持った患者の数を調べたスウェーデンの研究があります。この研究の有病率は人口で3.7%でした(女性で5.5%、男性で1.6%)。

BMSの有病率は年齢の増加とともに増加します。閉経後の女性は素因があり、症候群は男性よりも女性にはるかに一般的です。

原因

BMSの原因は不明ですが、いくつかの異なる仮説があります。

症状

主な症状は、口の痛み(灼熱の痛み)、口腔粘膜からのうずきまたはしびれであり、ほとんどの場合、両側性で対称的です。舌が最も頻繁に影響を受け、次に下唇の内側と硬い口蓋の前部が続きます。
多くの場合、患者はまた、ゼロストミー(主観的な口渇)および異形成症(味の変化)の病歴を述べています。

苦いまたは温かい食べ物/飲み物、ストレスや疲労は症状を悪化させることがありますが、食事、ロゼンジの吸引、冷たい飲み物、リラックスは一部の患者の症状を和らげることができます。

症状は通常自然発生しますが、一部の患者は発症を以前の歯科治療と関連付けます。

臨床所見

患者はしばしば症状について何人かのセラ…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。