ログイン

自己再建による関節頭部の切除(強直症手術)

著者:Ulmner Mattias/Övertandläkare/Med Dr/Sektionen för Kraniofaciala- och Käkkirurgiska sjukdomar/Karolinska Universitetssjukhuset, Solna
公開日: 20110511
更新日: 20220520

バックグラウンド 

この方法は、顎関節の進行した骨性または線維性の癒着(強直)の外科的治療に使用されます。顎関節の強直は、影響を受けた患者がしばしば以下の病歴を持っている珍しい状態です: 

一部の患者強直に苦しんでいるという事実の部分的な説明 できる 炎症に対する異常な反応など遺伝的に決定される 異所性骨形成につながる可能性があります [1、2] 再建は側頭筋ランバラ構成されている可能性があります  筋膜は、顎関節頭が除去された領域に折りたたまれています[3、4] 別の方法は、取り外した顎関節頭を肋骨移植片と交換することです [5、6]  肋骨移植一般的に子供や青年に使用されます。 

メタアナリシスで組み合わせた治療研究は、側頭筋再建と組み合わせた顎関節の切除が、関節頭の単なる切除よりも優れていることを示しています。 [7] 側頭筋による再建は、良好なギャップ能力回復において肋骨移植と比較してわずかに優れていますが、再発リスクに関しては同等です。同種異系再建(顎関節プロテーゼ)は、肋骨インプラントと比較して、手術した関節の痛みを軽減すると判断されますが、これにより、ギャップ能力がいくらか向上します[7] 再建を側頭筋および顎関節プロテーゼと比較した治療研究は発表されていません。しかし、社会庁は、自家再建を伴う強直手術は、同種異系再建を伴う強直手術よりも優れていると考えます[ 8]  

同種異系再建(関節プロテーゼ)を伴う関節頭切除(強直手術に関するファクトシート 

適応症

現在の手順は、最もひどく破壊された、および/または融合した顎関節にのみ使用されます。治療の最も一般的な適応症は次のとおりです。 

肋骨移植片による再建は、

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。