ログイン

自己再建による関節頭部の切除(強直症手術)

著者:Holmlund Anders/Övertandläkare/Professor/Avd för Käkkirurgi/Huddinge
公開日: 20110511
更新日: 20180620

バックグラウンド

National Board of Health andWelfareによる歯科治療ガイドライン

この方法は、顎関節の進行した骨性または線維性の癒着(無毛症)の外科的治療に使用されます。この状態の一般的な理由は次のとおりです。

治療研究によると、この方法は、この非常に重篤な状態の治療において現在最も効果が高く、コストが最も低い方法です。

利点

同種異系再建(関節プロテーゼ)と比較して利点が見られるはずです。ここで、上記の方法には明らかな利点があります。

短所

処理

この治療は、破壊された関節頭を取り除き、新しい関節空間を作り出すことを目的としています。

次に、この関節腔に、厚さ約7 mmの側頭筋からの筋肉切断が挿入されます。これは、バリアとして機能し、再成長の再発を防ぐことを目的としています(図AD)。

A.露出した無痛性関節

B.無水骨が除去された

C.マッスルハムストリングが並んでいます

D.ラムシャンクが回転してジョイントに入る

運転時間は片方の関節で約2時間、両関節で3.5時間です。

入院期間は2日から3日までさまざまです。

合併症

関連項目

ファクトシート同種異系再建(関節プロテーゼ)を伴う関節頭部の切除(アンキロシス手術)

参考文献

2011年成人歯科治療に関する国内ガイドライン-ガバナンスと管理のサポート。国民健康福祉委員会。 EditaVästraAros、Västerås、2011年。

Roychoudhury、A、Parkas…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。