ログイン

骨髄炎

著者:Robertsson Caroline/ST-tandläkare/Kranio- och käkkirurgiska sektionen/Solna
公開日: 20200723
更新日: 20200727

バックグラウンド

骨脊髄炎は骨と骨髄の炎症です。感染または原因不明のいずれかによって引き起こされる可能性があります。存在する理論は、自己免疫疾患と下顎への血液供給の減少などの素因の組み合わせです。骨脊髄炎は、体のすべての骨に見られ、単発性または多発性である可能性があります。顎の骨髄炎にはいくつかの異なる分類システムと多くの異なる名前があります。このファクトシートは、Baltensperger et al 2010(1)によって提示された「チューリッヒ分類システム」に基づいており、今日、病気を分割する最も一般的な方法です。 Baltensperger et alによると、顎骨脊髄炎は3つの異なるグループに分けることができます。原発性慢性骨髄炎続発性急性骨髄炎および続発性慢性骨髄炎

顎の原発性慢性骨髄炎(PCO)は、炎症の外的原因が見つからない場合です。したがって、これは非細菌性の慢性炎症状態であり、文献には他のいくつかの名前があります(Garrés骨脊髄炎、「DCO」(びまん性硬化性骨髄炎)、「CNO」(慢性非細菌性骨髄炎)など)。それは顎だけに影響を与えるか、いくつかの骨格部分に見られます。症候群の一部である可能性もあります。たとえば、「SAPHO(滑膜炎、にきび、膿疱症、過骨症および骨炎)症候群」、「CRMO」(慢性再発性多発性骨脊髄炎)、マジード症候群およびケルビズムの状態は、顎の骨髄炎を示す場合があります。 PCOの病因は不明であり、その異常な性質のため、症例報告/症例シリーズのみが文献に公開されています。これを取得した若い個人(20歳未満)の過大な表現と50代のピークのようです。 (2)

続発性骨髄炎は、歯の感染症、顎骨壊死、以前の外傷/手術、異物、病的な歯の素因または他の外的原因などの外的原因によって引き起こされます。続発性骨髄炎は、病気の時期に応じて急性と慢性に分…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。