ログイン

修正コンジロトミー

著者:Ulmner Mattias/Övertandläkare/Med Dr/Sektionen för Kraniofaciala- och Käkkirurgiska sjukdomar/Karolinska Universitetssjukhuset, Solna
公開日: 20110511
更新日: 20210720

バックグラウンド

修正された顆頭切開術の起源は完全には明らかではありませんが、この方法はおそらく1940年代から50年代にかけて、顎の問題を緩和するために英国で使用され始めました[1]。当初、適応症は顎関節の脱臼と症候性変形性関節症の繰り返しでした。手術は、症状側の顆状突起を切断することにより、いわゆるジグリソーで完了することがよくありました。このようにして、顆が滴り落ち、関節のスペースが広がります。下顎枝の垂直骨切り術を行うオープンモディファイドコンジロトミーは、再発することなく椎間板脱臼を治療するために1980年代後半に使用され始めました(図1) [2]。このようにして、顎関節ディスクへの負荷が軽減され、ボタン/フッキングが排除されます。

米国の治療研究は良い結果を示しています[3、4]。この方法を他の外科的治療と比較する北欧の研究は不足しています。しかし、従来の非外科的治療と修正された顆頭切開術を比較する北欧の研究があります[5]。この研究には、再発することなく椎間板の変位を無効にしている患者が含まれていました。限られた資料では、修正された顆状突起がより良い結果をもたらすと評価されました[5]。

図1:修正された顆頭切開を示すOPG。 A)術前の患者。 B)術後の結果、OPGは手術の2週間後に服用しました。骨切り術は、切開から輪状部まで行われています。この場合、2つの骨セグメントは、非放射線学的に対照的な粗い縫合糸(青い矢印)、ad modumHall[6]で固定されています。 C)術後1年で、正常な治癒像が見られます。近位セグメントの最下部が吸収されていることに注意してください。緑の矢印はその領域を示しています。

適応症

修正された顆頭切開による外科的治療が適切になる前に、非外科的治療が試みられるべきでした[7]。患者の症状を緩和することができる非外…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。