ログイン

薬物関連顎壊死(MRONJ)

著者:Cecilia Larsson Wexell/Specialist i käkkirurgi/Docent/VO Specialiserad Kirurgi/Käkkirurgiska kliniken Lund/Avd för Käkkirurgi och oralmedicin/Malmö Universitet
公開日: 20150118
更新日: 20230116

バックグラウンド

投薬関連の顎骨壊死(MRONJ)は既知の合併症であり、主に骨組織と石灰化に影響を与える薬剤(ビスフォスフォネートとデノスマブ)による治療に関連する可能性がある臨床診断です。骨強化治療は、骨関連の問題のリスクを軽減するために、破骨細胞活性の増加に関連する悪性および良性の状態の両方を治療するために使用されます。乳がん、前立腺がん、肺がん、甲状腺がん、腎臓がんは、骨格に広がる可能性のあるがんの例であり(骨格転移)、ビスフォスフォネートとデノスマブで治療されます.骨髄腫は、放射線学的に骨転移に似た血液悪性腫瘍であり、骨髄腫治療の一環としてビスフォスフォネートとデノスマブで治療されます。高カルシウム血症は、血流中のカルシウムレベルが上昇し、体が過剰なカルシウムを取り除くことができない場合に発生する状態です.高カルシウム血症は、悪性腫瘍に関連する破骨細胞活性の増加、いわゆる腫瘍誘発性高カルシウム血症 (TIH) など、さまざまな背景を持つ可能性があり、ビスフォスフォネートとデノスマブで治療されます。アジュバント ビスフォスフォネート治療は、腫瘍がリンパ節に拡がっているが骨格には拡がっていない場合に、予防目的で乳癌の癌治療の一部として使用されます。ビスフォスフォネートとデノスマブは、良性疾患、特に閉経後の骨粗鬆症、コルチコステロイドによる長期治療に関連する骨粗鬆症予防、および成人のパジェット病の治療にも使用されます。薬剤の投与量、投与間隔、および製剤の力価が異なることで、悪性および良性の状態の治療が異なりますが、2 つのグループ内での投与量、投与間隔、および効力にも違いがあります。

新しい抗がん剤であるプロテイン チロシン キナーゼ阻害剤は、腫瘍細胞の細胞内で増殖刺激シグナルを阻害し、さまざまながんに対して承認されています。 2021 年、スウェーデンでは 9,000 人弱…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。
日本スウェーデン歯科学会の入会については(こちら→)をご覧ください。
また、このサイトの使い方はこちらをご覧ください。