ログイン

良性腫瘍

著者:Kjeller Göran/Docent/Avd för Käkkirurgi/Göteborg
公開日: 20160208
更新日: 20190109

バックグラウンド

腫瘍という用語は、組織形成(腫瘍または結節)を指し、ラテン語の腫瘍にその言語的起源があります。新生物とも呼ばれるこの組織再生は、生理学的機能をほとんどまたはまったく持たないが、他の隣接する組織の成長とは無関係に、時間の経過とともにサイズが多かれ少なかれ連続的に増加する可能性がある。
腫瘍が良性または良性である場合、それは娘腫瘍(転移)を挿入しないことを意味しますが、一般に、いくつかの例外を除いて、周囲の組織に成長し、他の組織に転移を起こす能力を持つ悪性腫瘍とは異なり、解剖学的制限を尊重します。体の前提。ただし、良性の腫瘍は、圧力によって他の構造に影響を及ぼしたり、腫瘍の周囲の組織が吸収されてプロセスの余地を作ったりすることにより、損傷を引き起こす可能性があります。良性の腫瘍は、その成長パターンを通じて、徐々に増加する非対称性(影響を受けた側と健康な側の外観の違い)を引き起こす可能性もあります。
良性腫瘍の特徴は、それらが常に「正常な」細胞、すなわち多かれ少なかれ完全に分化または成熟している細胞からなることです。さらに、良性腫瘍は、それが発生する組織の背景にちなんで名付けられることがよくあります。たとえば、エナメル質形成性骨髄芽細胞に由来する骨髄芽細胞腫、または骨組織に由来する骨腫などです。
顎の制限内で見つかった良性腫瘍は不均一なグループであり、比較的まれです。すべての口腔病理組織サンプルの最大3%および体内のすべての腫瘍の最大0.003%の数値が文献に記載されています。
古典的に、顎腫瘍は歯原性腫瘍と非歯原性腫瘍に分けられます(表1)。つまり、それらが歯を生じさせる組織に由来するかどうかです。純粋な歯原性腫瘍は、顎または顎に直接接続している場合にのみ見られますが、非歯原性腫瘍は、骨格の他の部分でより頻繁に見られます。
顎に見られる腫瘍のWHOの以前の分類の改訂は、2…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。