ログイン

インプラント治療中の自家骨による骨増強

著者:Heymann Robert/Övertandläkare/Med Dr/Avd för Käkkirurgi/Huddinge
公開日: 20160914
更新日: 20210422

バックグラウンド

インプラント治療に関連して歯槽骨がない場合、最適なフィクスチャーの配置を行い、それによって補綴物のリハビリテーションのために口の中で最適な解剖学的状態の可能性を生み出すために利用できるさまざまな技術と材料があります。 4つの主要な材料があります:

自家骨は、口腔再建のゴールドスタンダードと見なされています。自家骨には、同種異系の骨代替材料にはない骨の治癒を促進する成長因子が含まれています。骨の治癒に重要な4つの主な要因があります:

  1. グラフトの堅固な固定
  2. 良好な粘膜被覆
  3. 移植片の血行再建
  4. 緊張せずに癒し。

口腔内ドナー部位は、局所麻酔下で行うことが多く、アクセスが容易で、ドナー部位に近接しているため、移植の虚血時間が短縮されるという利点があります。主な欠点は、採取できる骨の量が限られていることです。したがって、大きな骨欠損の場合、これでは不十分な場合があります。


図1.自家骨の潜在的な口腔内タグ部位。

口腔内で採取できない大量の骨が必要な場合は、口腔外の屋根の場所をお勧めします。次の口腔外の屋根の場所が利用可能です。

適応症

歯科インプラントによる咬合機能の再建のための歯槽骨の欠如。

処理

術前調査

臨床検査:口腔補綴および顎顔面外科手術。

X線検査:

図2.再建される骨欠損に関連するドナー部位の評価のフローチャート。 1)必要な骨量、2)必要な骨質、3)ドナー部位(AICBG =前腸骨稜骨移植片、PICBG =後腸骨稜骨移植片)。

骨ブロックと粒子状の骨。

骨ブロックは構造的に安定…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。