ログイン

症候性根尖性歯周炎

著者:Frisk Fredrik/Övertandläkare/Avd för Endodonti/Jönköping
公開日: 20181003
更新日: 20211207

バックグラウンド

歯根嚢胞の炎症が悪化すると、さまざまな程度の痛みや腫れが現れます。これは、歯内治療の結果として、根尖性歯周炎の以前の治療に失敗した場合、または根尖性歯周炎の歯が治療されていない場合に発生する可能性があります。
症候性根管歯周炎の治療の出発点は、常に根管システムの完全な器具であり(ワークフローについては、ファクトシート根管治療(壊死治療)-壊死性歯髄を参照)、場合によっては追加の治療と組み合わせて使用します。

ただし、状況によっては、次の理由により、完全なインストルメンテーションが不可能または適切ではありません。

治療-pulpakavumの避難

適応症

技術

治療-切開によるドレナージ

ファクトシートを参照急性口腔感染症の外科的ドレナージ

治療-追加治療としての抗生物質

局所的および/または全身的な広がりの兆候がある場合は、歯内緊急治療に抗生物質を補充する必要があります。

治療-対症療法の根尖性歯周炎の唯一の治療法としての抗生物質

局所的および/または全身的な広がりの兆候があり、広がりのために患者が隙間を開けることができない場合(開口障害)、抗生物質を唯一の治療法として処方する必要があるかもしれません。

根管システムが利用できず、他の方法で十分なドレナージが得られない場合は、例えば、根尖手術を待つ間、唯一の治療法として抗生物質を処方する必要があるかもしれません。

調剤の選択

一次治療薬はPCVです

投与量:

大人2x…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。