ログイン

腐敗吸収、外部

著者:Andersson Lars/Leg tandläkare/Senior Professor/Käkkirurgi och oralmedicin/Malmö
公開日: 20110824
更新日: 20191125

バックグラウンド

通常の条件下では、健康な根膜と根セメントが根の吸収に対する保護バリアを形成します。歯側のセメント芽細胞は、骨側の骨芽細胞とは異なり、ホルモン刺激によって制御されません。したがって、通常の状態では、歯槽の骨側が生涯にわたって継続的に吸収および改造されている間、歯は無傷である可能性があります。さらに、おそらくシグナル伝達機能を介して、根管内の上皮細胞は、骨を歯から離しておくのに役立ちます。このため、通常の状態では歯は吸収されません。

外傷(歯の脱臼および関節運動)の後に根膜に損傷が生じると、さまざまな種類の根の吸収が起こる可能性があります。

外部ソープション

根管細胞は、転位の外傷によって引き起こされる圧迫によって、または根管細胞が他の損傷にさらされることによって、例えば、ノックアウトされた歯が植え替えられる前に乾いた場合の脱水によって損傷を受ける可能性があります。どちらの条件でも、損傷した組織は最初の炎症反応によって除去され、損傷した細胞に加えて歯の物質も除去されます。その後、損傷の領域が制限されている場合、治癒が起こります。

損傷した領域に増殖するセメント芽細胞によって治癒が起こり、新しい根膜と新しい根セメントを確立することができます。このタイプの根の吸収は表面吸収と呼ばれ、進行性ではなく自然に停止します。矯正治療の完了後、同様の根吸収の治癒が見られることがあります。

損傷面が大きすぎると、治癒が起こらず、進行性の根の吸収が起こります。これは、感染または骨のリモデリングが原因である可能性があります。

感染関連の吸収

負傷した歯は、外傷後に根のセメントに損傷を与えることが多いため、感染しやすくなります。さらに、損傷したパルプには血管の供給がないことがよくあります。ルートセメントが損傷している場合、デンチンチャネルを介して壊死性パルプとルート膜の間に直接の連絡があります。果肉…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。