ログイン

オーバーキャッピングとディープオーバーキャップ/部分的髄切開

著者:Möller Bengt/Övertandläkare/Docent/Odont. Dr/Avd för Endodonti/Lund
公開日: 20110904
更新日: 20210112

バックグラウンド

露出した重要な歯髄を用いたオーバーキャッピングおよびディープオーバーカット/部分的歯髄切開術は、歯髄組織の感染および劣化、したがってより広範な歯科治療を回避するために、口腔に対するバリアを再現することを目的としています。
臨床所見に基づいて正しい歯髄診断を確立することには限界がありますが、露出した重要な歯髄は健康であるか、外傷に関連して、または歯科治療中に意図せずに健康な象牙質を介して露出した後の最初の24時間は表面的にのみ感染していると考えるのが妥当です。したがって、成功する結果を得るための条件は、齲蝕性の象牙質を介した発掘中に歯髄が露出した場合よりも良好です。

成功した結果、すなわち治癒は、歯が無症候性であり、感度テストに積極的に反応し、X線による正常な根尖周囲の状態が存在し、未完成の歯根の発達を伴う歯の根の発達が継続していることを意味します。

社会庁による歯科治療ガイドライン:
かぶせる
部分的髄膜切開術

処理

オーバーラップの場合、歯髄組織は無傷のままですが、部分的な歯髄切開の場合、病変に関連して歯髄組織の1〜2mmが除去されます。
治療は局所麻酔下で行われます。

術前の歯痛または例えば熱刺激後の持続性の痛みは、適応治療として歯髄切除術を伴うより深い歯髄損傷を示します。

術前

スーツケースの敷設と消毒