ログイン

神経障害/特発性歯痛(非定型歯科)

著者:Pigg Maria/Docent/Avd för Endodonti/Malmö
公開日: 20170713
更新日: 20191113

バックグラウンド

神経障害性/特発性の歯の痛みは、持続的で重度の歯槽の痛みの状態です。痛みが1つまたは複数の歯、または歯が抜かれた、または歯内治療された顎の領域に限局している。文献には多くの異なる名前があります(非定型歯痛AO、神経障害性歯痛、外傷後三叉神経障害性疼痛PTNP、痛みを伴う外傷後三叉神経障害PTTN、持続性歯槽痛障害PDAP、持続性特発性歯槽痛PIDAPomふけまたは麻酔など)多くの分類システムに基づいています。新しい国際口腔顔面痛分類(ICOP)で与えられた定義は、神経損傷を引き起こした明らかな外傷が特定できる場合は外傷後三叉神経障害性疼痛PTNPと呼ばれ、そのような外傷がない場合は持続性の特発性歯槽痛と呼ばれるべきであることを意味すると解釈されます。既往歴で。

疫学

既存の研究では臨床集団についてのみ記述されているため、集団における神経障害性/特発性の歯の痛みの有病率は不明です。体系的な文献レビューによると、根管治療を受けた患者の3.4%が、治療後6か月以上、歯原性ではないと考えられる痛みを報告しており、これは発生率の上限と考えられます。他の非歯原性状態をより確実に除外する基準で利用可能な研究を分析する場合(鑑別診断を参照) 、頻度は約1〜2%と推定されました。

原因

この痛みの状態の原因は不明であり、多くの異なるメカニズム(心因性、血管性、神経障害性)が示唆されています。今日、神経障害メカニズムが痛みの背後にあるというほとんどの証拠があるようです。特に、末梢感覚神経枝が損傷する可能性がある場合、つまり痛みが考慮される場合、たとえば歯内治療や歯の抜歯などの侵襲的な歯の手技に関連して痛みが始まる場合はそうですニューロパシー。他の場合では、体性感覚神経系へのそのような外傷または疾患を明確に特定することができず、したがって、痛みは末梢神経障害に十分な確実性で帰することがで…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。