ログイン

クリニックでの食事分析と食事アドバイス

著者:Lingström Peter/Övertandläkare/Professor/Avd för Cariologi/Göteborg
公開日: 20191020
更新日: 20191031

バックグラウンド

食事はう蝕の発症において中心的な役割を果たし、多くの人にとって侵食による損傷の発生の原因でもあります。齲蝕の場合、発酵性炭水化物の細菌分解があり、それが乳酸や酢酸などの弱い有機酸の形成につながり、口腔環境に影響を及ぼし、歯の硬組織の脱灰を引き起こす可能性があります。侵食による損傷の場合、それ自体が低いpH値を持つ酸性の飲料または食品の摂取が、歯の表面の摩耗を引き起こす可能性があります。どちらの病気でも、病気が発症するまでには、より長い期間、一定の頻度で摂取する必要があります。

侵食による損傷のための酸性物質の摂取の重要性は20世紀後半に知られるようになりましたが、いわゆるVipeholm研究の結果が1950年代に発表されて以来、う蝕の発症に対する食事、ffa糖の重要性が知られています。これは、う蝕のリスクを減らすために歯科で開発されている様々な食事のアドバイスにつながりました。当初、これらは低い摂取頻度に焦点を合わせており、1日5回の摂取、3つの主な目標、2つのスナックが推奨されていました。 「サタデーキャンディー」のコンセプトも、子供たちに毎日キャンディーを食べるのではなく、週に一度だけ食べるように教えることを目的として、早い段階で開始されました。多くの点で、スウェーデンはう蝕のリスクを減らすための食事の推奨事項のパイオニアでした。

やがて、普通の砂糖の甘い味を、う蝕の原因となるバクテリアによってまったく分解されない、またははるかに少ない程度で分解されない物質に置き換えることを目的として、さまざまな甘味料が導入されました。早い段階で市場に投入されたものの中には、例えば、糖アルコールのソルビトールとキシリトール、そしてアスパルタムやサッカリンなどのさまざまな人工甘味料があります。今日、通常、エネルギーを含まない物質とエネルギーを与える物質に分けられる物質の長いリ…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。