ログイン

侵食(歯)

著者:Johansson Ann-Katrin/Professor/Institut för klinisk Odontologi/Bergen
公開日: 20151101
更新日: 20210829

バックグラウンド

酸蝕症は、バクテリアを伴わない化学的効果による歯の物質の喪失を伴います。

酸性効果は、歯の表面を層ごとに溶解させ、表面下の病変と基本的に不可逆的な損傷をもたらします。

侵食は、摩耗(歯同士の接触による歯の摩耗)および摩耗(歯ブラシや鉛筆などの外的要因の摩耗による歯の摩耗)とともに、歯の摩耗の概念に含まれます。さらに、噛むことに関連する侵食と「屈曲運動」の同時効果であるアブフラクションも、歯が頸部に摩耗する一因となる可能性があります。

歯の摩耗は通常、いくつかの異なるタイプの摩耗の組み合わせです。今日、侵食がこれらの中で最も重要であり、他のタイプの摩耗が発生するための前提条件であることが多いという合意があります。したがって、重度の歯の摩耗では、ほとんどの場合、侵食が最も重要な要因として発生します。 2020年のコンセンサスレポートはこれを確認し、酸蝕症を主な要因として酸蝕症を伴う歯の摩耗として定義しています。

他の多くの口腔の問題と同様に、侵食はライフスタイルに強く関連しており、たとえば、ここ数十年で、清涼飲料やジュースなどの非常に酸性の飲料を飲む子供や若者のグループで特別な注目を集めています。しかし、一般的な歯の摩耗は新しい現象ではなく、数千年前の頭蓋骨の素材に記録されており、酸性の衝撃だけでなく、粗い食べ物によって強調された摩耗や、歯が道具としてよく使用されていたという事実にも関係しています。

侵食の早期診断は見過ごされがちであり、したがって多くの早期侵食傷害は決して登録されません。より顕著な侵食は診断が容易ですが、それが登録された場合、それは通常、長年見過ごされてきた長期の摩耗の結果です。これは、多くの場合、予防の機会が長い間失われていることを意味します。

有病率

特に子供や若者における侵食の蔓延は、1990年代半ばから多くの国で研究されてきました。象牙質の損傷は、子…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。