ログイン

痛みを伴う顎機能障害(うつ病)の薬理学的治療

著者:Göthe Mundt Anna-Kerstin/Övertandläkare/Avd för Geriatrik och Rehabiliteringsmedicin/Falun
公開日: 20120909
更新日: 20191106

痛み

国際疼痛研究協会(IASP 2011)は、疼痛を、組織損傷または脅迫的な組織損傷に関連する、またはそのような損傷の観点から説明される不快な感覚的および感情的な経験として定義しています。
したがって、痛みの経験は常に完全に主観的です。つまり、痛みは個人が痛みとして経験するものです。
この定義は、明らかな組織損傷なしに痛みが発生する可能性があることも意味します。この例としては、緊張性頭痛や非定型歯痛があります。

急性の痛み

急性の痛みは、それが合理的であり、生物にとって非常に重要な防御であるため、生物学的価値があります。ほとんどの場合、人は痛みの原因を理解し、痛みの原因を取り除くように行動します。一部の個人では、急性の痛みが長期の痛みに変わる可能性がありますが、なぜそれが発生するのかは明らかではありません。
高齢、女性の性別、社会集団「労働者」、家族の長期的な痛み、あなたやあなたの両親がスウェーデンに移住したこと、特定の怪我/関節疾患/身体的緊張、以前の痛みのエピソード、喫煙、睡眠障害など、多くのリスク要因が特定されています。

高度な読書:急性の痛み

長く続く痛み

長時間の痛みには生物学的機能はありませんが、それ自体が病気と見なされ、治療されるべきです。
長期的な痛みに寄与する可能性のある要因は、末梢感作(痛み受容体がより敏感になる)、中枢性感作(痛みの衝動が強化される)、身体自身の痛み抑制システムが弱まる、認知過程(思考と記憶)、感情的要因(不安、鬱病)、ストレス、心理社会的状況、睡眠、および行動(じっとしている、避けている、逃げる、受動化される)。
痛みを和らげることができる要因は、知識、優れた社会的感情的サポート、リラクゼーション、適応した身体活動、そして有意義に、理解しやすく、管理しやすい人生を体験することです。

高度な読書:慢性的な痛み

痛みの経験

侵害受容インパルスは、痛みの場所が決…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。