ログイン

歯の歯を支えるブリッジで、脚のサポートを減らして延長したもの

著者:Torbjörner Annika/Övertandläkare/Avd för Oral protetik/Karlstad
公開日: 20110522
更新日: 20180820

バックグラウンド

National Board of Health andWelfareによる歯科治療ガイドライン

この措置に関連する主要な全体的なリスクと治療戦略は、拡張機能を備えた歯で支えられた橋の下で説明されています。以下のテキストは、読者がそのテキストの内容に精通していることを前提としています。
伸展関節を備えた橋に適した患者のグループは、多くの場合、顎の残りの歯を橋で裂く必要があり、端と端の関係も確立できる治療された歯周炎の患者です。モデル分析を含む適切かつ慎重な計画(「延長部を備えた歯で支えられた橋」のセクションを参照)、優れた準備技術、軸方向の力を提供する咬合設計、および注意深い研磨により、2つの延長ジョイントを備えた延長橋は治療法の可能な選択。

脚のサポートが低下した咬傷の自立型ブリッジに関して、プラスの要因は何ですか?

骨のサポートが低下した歯の自立型ブリッジには、考慮すべき生体力学的問題は何ですか?