ログイン

頭蓋顔面症候群、咬合リハビリテーションの一部としての歯列矯正

著者:Karsten Agneta L-A/Övertandläkare/Docent/Universitetslektor/Avd för Ortodonti/Huddinge
公開日: 20110529
更新日: 20210305

バックグラウンド

社会庁による歯科治療ガイドライン

頭蓋顔面症候群は、頭蓋骨と顔の成長領域に影響を及ぼし、いくつかの異なる症状が特定の組み合わせで一緒に現れる先天性疾患の用語です。頭蓋顔面症候群は、しばしば長期の集学的治療を必要とします。

高度な読書:頭蓋顔面症候群

治療の目的は、以下を正常化することです。

疫学

スウェーデンでは、年間約100人の子供が頭蓋顔面症候群または症候群のような状態で生まれています。約200〜250人の子供/年が口唇裂および/または口蓋裂(LKG)で生まれます。裂け目は症候群の一部として発生する可能性があります。近年、何らかの形の頭蓋顔面奇形を有する多くの人々が、完全にまたは部分的に治療されていない先天性頭蓋顔面欠損を伴って、スウェーデンに養子縁組または移住されてきた。

処理

スウェーデンでは、先天性頭蓋顔面症候群またはLKG欠損症の子供は、子供が生まれてから成人になるまで、地域のコンピテンスセンターの学際的なチームによって治療されます。ほとんどの患者は約20歳で完全に治療されます。

成長の遅い終了または遅い歯科および/または心理社会的成熟のために歯科矯正治療(歯科矯正の必要性)の継続的な必要性を持っている年間約50人の成人がいます。

さらに、再発の治療は、以前の歯科矯正治療の後に追加されます。

歯列矯正器具による治療には、頭蓋顔面症候群に加えて、すべての歯列矯正診断を含めることができます。

歯列矯正または歯列矯正は、歯列矯正(歯列矯正)の専門歯科医によって行われます。

頭蓋顔面欠損のある子供では、顎骨が部分的に再形成され、それによって成長に影響を及ぼし、可能な限り正常になる可能性があります。

治療法