ログイン

痛みを伴う顎機能障害の薬理学的治療

著者:Göthe Mundt Anna-Kerstin/Övertandläkare/Avd för Geriatrik och Rehabiliteringsmedicin/Falun
公開日: 20180219
更新日: 20210509

主題の詳細な研究については、ファクトシートを参照してください: 痛みを伴う顎機能障害の薬理学的治療(詳細な研究)

バックグラウンド

顎システムの痛みと機能障害(顎関節症、TMD)は、多因子性の背景を持つ状態です。薬理学的を含むいくつかの異なる治療法が提案されています。薬理学的治療は、口腔顔面領域に痛みを伴うほぼすべての他の患者によって使用されます。ただし、口腔顔面痛の薬理学的治療のエビデンスは低いです。臨床診療では、薬理学的製剤の可能な使用法は、有効性、副作用のリスク、患者の希望および費用を考慮に入れています。たとえば、抗炎症薬、NSAID、または関節内コルチゾン注射を一時的に使用する必要がある場合があります。薬物誘発性頭痛は、頭痛患者を評価する際に考慮すべき鑑別診断です。

生物心理社会的観点からの患者の評価は、診断と治療計画を容易にします。 TMDの患者は、さまざまな健康問題の病歴がある可能性があります。さまざまな治療法で同等の結果が得られる可能性があります。これは、治療効果が少なくとも部分的に非特異的要因に関連していることを示唆しています。

薬理学的製剤

パラセタモール

パラセタモールには鎮痛作用と解熱作用があり、主に中枢神経系内で作用します。薬の抗炎症効果は弱いです。パラセタモールは無害な物質ではないため、特に高用量でアルコールとの関連で、カジュアルな処方を避けることが重要です。

それぞれの郡議会の薬物勧告を参照してください。

投与量

おすすめ

それ以上の仕様のない顎機能障害(TMD UNS)の場合、パラセタモールは低から中程度の鎮痛効果があります。 NSAIDと比較して効果が低いため、パラセタモールは、副作用のリスクがあ…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。