スウェーデン式予防歯科

歯の磨き方(ホームケア)

予防歯科ではプロフェッショナルケアと言って歯の専門家(歯科衛生士)に処置(歯面清掃やフッ素塗布)をしてもらうだけではなく、日々、自分自身で歯ブラシ、デンタルタフト、フロスなど最適なツールを使用し、口腔内を綺麗に保つホームケアがとても大切です。
そしてスウェーデン式では虫歯になりやすい箇所から先に磨く事を推奨しています。
これから虫歯になりやすい箇所とそこを掃除する為にお勧めのツールを紹介します。

虫歯になりやすい箇所とお勧めツール

  • 歯と歯の間

    お勧めツールフロス

  • 歯並びの悪い所

    お勧めツールデンタルタフト

  • 歯と歯茎の間

    お勧めツールデンタルタフト

  • かぶせモノの周り

    お勧めツールデンタルタフト

  • 奥歯の裏

    お勧めツールホルダータイプフロス(Y字)、デンタルタフト

ホームケアのポイント

1フロスを使う

デンタルフロスの目的は歯と歯の間に挟まった食べかすを落とすだけではなく、歯の隙間に入り込んでいる歯垢をそぎ落とすことです。
フロスには糸巻きタイプとホルダータイプの2種類がありますが、初めての方には使いやすいホルダータイプから使い始めることをお勧めします。

フロスの種類

ホルダータイプ
  • 簡易的
  • 何度か洗って使うタイプなので糸巻きタイプと比べて非衛生的
日本スウェーデン歯科学会おすすめのフロスはこちら
糸巻きタイプ
  • 慣れるまで難しい
  • 一回限りの使い捨てタイプなので衛生的
  • 巻きつけるように使うとホルダータイプと比べて効果的に使える

フロスの使い方

フロスは歯と歯の間をのこぎりを引くように動かし少しずつ歯の奥へと進めていきましょう。力任せに押し込むと勢い余って歯茎に食い込んでしまい、歯茎を傷つけてしまう事があるので注意が必要です。
きつい部分を通過したらまずは片方の歯に沿わせながら同じくのこぎりを引くように側面を磨きましょう。その後でもう片方も同じように磨きます。デンタルフロスを抜くときものこぎりを引くように動かしながら抜きます。

2鏡を見て磨く

「歯を磨いている」「歯を磨けている」は全然違います。

ながら磨きは磨き残しが多い。
(テレビを見ながら・湯船につかりながら)

鏡を見ながら順序を決めて磨く。
飛ばさないように。

歯の形状を確認してみましょう。いたるところに段差があります。

染め出しチェック

まずは現状を知る上で、磨き残しがないか染め出しチェックしてみることを強くお勧めします。歯科クリニックでもチェックしてもらえますが、ネット通販でも購入できるので手軽に行えます。(「歯垢染色」もしくは「歯垢染め出し」で検索してみましょう)

その他

歯磨き粉(研磨剤入り/研磨剤なし)

研磨剤は汚れを落とす効果もありますが、力を入れすぎたり磨く速度の速い電動歯ブラシを頻繁に使うと歯の表面や歯茎を傷つけてしまう事もあるので注意が必要です。
一方、研磨剤がない歯磨き粉の場合はお茶やコーヒーなどの汚れ(ステイン)を落としにくい為、歯に色がついてきたと思ったら、研磨剤入りの歯磨き粉を使ってみることで着色を落とせることもあります。
日本スウェーデン歯科学会おすすめの歯磨き粉はこちら

舌ブラシ

歯垢や歯石は最も強烈な口臭の原因となります。そして舌にも歯垢と同様の主成分(タンパク質や細菌)である苔が付きます。歯を磨いたのに口臭が消えないという方は舌苔が付いている可能性があります。舌専用の歯ブラシを使ってブラッシングして取り除きましょう。この時、力を入れすぎると舌を傷つけてしまう事もありますので、軽くこするように注意しましょう。

詳しくは「口臭対策も予防歯科」参照


「日本スウェーデン歯科学会」
認定施設を検索