ログイン

著者:Kowar Jan/Övertandläkare/Odont Dr/Avd för Oral Protetik/Odontologisk materialvetenskap/Göteborg/Carlsson Gunnar E./Professor emeritus/Institutionen för Odontologi
公開日: 20110504
更新日: 20210311

バックグラウンド

ほんの数世代前は無歯が一般的であり、加齢とともに歯を失うことはほぼ正常であると考えられていました。しかし、ここ数十年で、スウェーデンでは無歯の発生率が劇的に減少しました。 1973年には6人に1人(40〜70歳)が完全に無歯でしたが、2013年の無歯の有病率は同じ年齢層でわずか0.3%でした。最近発表された研究によると、調査したヨーロッパの15か国の間で歯の健康に大きな違いがあります。 65歳から74歳の年齢範囲では、無歯の有病率は平均14%で、28%から3%の変動がありました。スウェーデンは、50歳以上の個人の有病率がはるかに低く(3%)、残りの天然歯の数が最も多く、80歳以上の人口に少なくとも20本の残りの歯があるというWHOの目標を満たしています。スウェーデンの無歯顎の年間発生率は、住民10万人あたり23例と推定されています。

原因

一般的に、完全な無歯は、虫歯や歯周病のために抜歯された結果であると考えられています。

しかし、歯の喪失は、口腔疾患と他の多くの患者およびケア関連の要因との間の複雑な相互作用の結果であることは明らかです。

これは、国内および国内の患者グループ間に存在する無歯の有病率の大きな違い、および時間の経過に伴う急速な変化を説明している可能性があります。

症状

すべての歯を抜歯した後、常に顎に変化が生じます。肺胞突起のサイズはすべての個人で縮小されますが、変化の程度は大きく異なります。

一部の患者は、わずかな変化で長年にわたって良好な形状の顎を維持できますが、歯の喪失後すぐに顎が大幅に減少し、補綴物の基部が貧弱になり、完全なフラットプロテーゼ(完全義歯)の使用が非常に困難になる場合があります。 。

歯のない患者では、顎の形の変化はこれらの両極端に分類…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。