ログイン

歯科およびインプラント支持ブリッジ

著者:Gunne Johan/Professor emeritus/Institutionen för Odontologi/Umeå
公開日: 20120528
更新日: 20190211

バックグラウンド

歯とインプラントで支えられたブリッジの最も単純な形は3関節ブリッジであり、その端として自然の歯とインプラントを支え、ぶら下がっている関節の間にあります。上部構造は、セラミックまたは場合によってはアクリルまたは複合材料で覆われた金属合金の骨格で構成されています。上部構造は、インプラントに保持されているネジまたはセメントです。

歴史

骨組織の血液循環に関する研究で50年代にブローネマルク教授がチタンと骨が「一緒に成長する」ことを発見したとき、それは口腔補綴の新時代の出発点になりました。ブローネマルクはこの現象を「骨統合」と名付けました。これに続いて、この発見に基づいて歯科用のインプラントを開発するための集中的な作業が行われました。このようなインプラントは、口腔プロテーゼのブラケットとして機能するために顎骨に取り付けられる異物材料として定義できます。

今日完全に支配されている材料は純チタンです。歯科用インプラントを用いた方法が臨床で使用されるようになったとき、治療の対象となったのは主に完全に歯のない患者でした。治療を受けた最初の患者は、1965年に歯のない下顎にインプラントで支えられた橋を受け取りました。部分的に歯のない患者でさえインプラントで支えられた補綴物で治療され始めるのはそう長くはありませんでした。次に、インプラントと歯の両方をブリッジのサポートとして使用できないかどうかという疑問が生じました。エリクソン等。この分野で最初の作品を発表し、良い結果を示すことができました(1986)。

最初に、歯の生理学的可動性がインプラントの可動性よりも約10倍大きいという事実が議論されました。したがって、剛性のあるブリッジ構造で歯とインプラントの両方をサポートとして使用すると、必然的に、辺縁骨の喪失の増加、骨統合の喪失、ブリッジ、インプラント、またはさまざまなねじ継手の破壊などの…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。