ログイン

子供の歯科治療

著者:Gustafsson Annika/Odont Dr/Övertandläkare/Avd för Pedodonti och Avd för Orofacial medicin/Örebro
公開日: 20190603
更新日: 20200706

小児および青年期の歯科治療における心理的性質の治療問題に関する広範な研究があります。命名法は自明ではありませんが、いくつかの用語が使用されています。心理的性質の治療問題-DBMPと略される歯科行動管理問題は、歯科治療をより困難または不可能にする行動との協力の欠如です。 DBMPは、歯科チームによって行われた評価です。歯科恐怖症は患者の経験です-DFと略される歯科恐怖症は、明確に定義されたオブジェクトへの反応、またはより非特異的な不安を指します。恐怖症という用語は、感情的な反応が患者が状況、この場合はさまざまな程度の回避反応に関連している可能性のある歯科治療の状況に課せられた要求に対処することを妨げる、激しい不合理な恐怖を説明するために使用されます。歯科恐怖症(DF)や心理的治療の問題(DBMP)の有病率は、スウェーデンの子供や若者の約15%です。異なる現象は部分的にしか重複しないことが示されています。ゴーセンバーグで実施された大規模な人口調査では、7%の子供(4-6および9-11歳)が歯科治療(DF)を恐れていると推定され、11%が治療上の問題(DBMP)を示しました。歯科治療を恐れていた子供たちのうち、61%が治療上の問題も示しましたが、治療上の問題を抱えている子供たちの27%だけが歯科治療を恐れていると推定されました。


Klingberg(1995)によるデータに従って、Arnrup(2003)によって適合された図。

歯科医療における治療上の問題は、必ずしも恐怖、不安、または何らかの形の恐怖症が原因であるとは限りませんが、治療上の問題の説明は次のようになります。