ログイン

歯周炎と心血管疾患

著者:Starkhammar Johansson Carin/Övertandläkare/Med Dr/Avd för Parodontologi/Linköping
公開日: 20150315
更新日: 20161211

バックグラウンド

アテローム性動脈硬化症(冠状動脈性心臓病アンギナペクトリス、心筋梗塞および突然死、ならびにアテローム血栓性脳梗塞(脳卒中)および末梢血管疾患などの脳血管疾患)を背景とする歯周炎および心血管疾患が集団に一般的である。どちらの病気も複雑な病気の経過をたどります。
それぞれ歯周膜と血管壁の組織破壊の形での臨床症状は、個人の炎症反応と免疫反応の影響です。
近年、疾患間の関係が研究されています。

また読む:

歯周炎と全身性疾患

歯周炎、慢性

歯周炎、攻撃的

疫学

研究によると、歯周炎は一般集団よりも心血管疾患の患者に1.5〜2倍多く見られます。歯周炎を定義するために使用される歯周変数は、歯の数、出血を伴う深いポケットの存在、付着レベルが3 mm以上の部位の数、およびX線での肺胞骨の喪失です。
メタアナリシスでは、歯周炎は心血管疾患のリスクを高めることが示されていますが、リスクの増加は研究の種類によって多少異なります。
10本以上の歯が欠けていると、心血管疾患の発生リスクが高まるようであり、心血管疾患の原因や死亡に関係なく、早死の国家的要因であることが証明されています。
ただし、疫学研究では原因となる要因を証明することはできません。

原因

歯周炎における歯肉縁下ミクロフローラの全身効果が議論されており、炎症と免疫応答を促進することが示唆されています。
Porfyromonas gingivalisなどの歯周炎に関連する細菌種は、血管のアテローム血栓性プラークで発見されています。

歯周炎は、心血管疾患の発症に悪影響を与える以下のプロセスに影響を与えることが示唆されています。