ログイン

歯科治療のための国家ガイドライン-活動的な臨床のためのヒント

著者:Östholm Hans/Leg. tandläkare/SKaPa/Karlstad/Orrskog Sofia/Utredare/PhD, MSc/Socialstyrelsen/Stockholm
公開日: 20220311
更新日: 20220315

全国ガイドラインについての簡単な説明

このファクトシートには、歯科治療に関する国内ガイドラインの推奨事項の抜粋が含まれています。ガイドライン全体は、社会庁のWebサイトで入手できます。ガイドラインの作成方法の詳細については、別のファクトシートを参照してください

2021年9月28日、国民健康福祉委員会の歯科治療に関する新しい国内ガイドラインが発表されました。新しいガイドラインは、2011年のガイドラインに代わるものです。ガイドラインは、子供(18歳未満)および成人(18歳から)の歯科治療に関する推奨事項を提供します。ガイドラインは主に一般的な歯科治療に適用されますが、一部の推奨事項は専門の歯科治療にも適用されます。

ガイドラインが最後に公開されて以来、ガイドラインは2つの新しいグループ、つまり子供と、脆弱性、障害などのために特別な支援を必要とする人々への推奨事項で拡張されました。いくつかの新しい領域も追加されました:インプラント手術と歯科放射線学(CBCTに関する推奨事項付き)。

さらに、健康増進と疾病予防対策により重点が置かれています。これらの措置のいくつかは、不健康な生活習慣の予防と治療のための国家ガイドラインにも含まれています。

社会庁は、特定の健康状態の患者に特定の措置を提供するために歯科治療を推奨しています。ガイドラインには、優先度1〜10の推奨事項、 R&D推奨事項、および禁止事項の推奨事項の3種類の推奨事項が含まれています(表1を参照)。

表1.社会庁のさまざまな種類の推奨事項

推奨の種類説明
優先度1〜10優先アクション。優先度1の測定値が最も重要であり、優先度10の測定値が最も重要ではありません(リスクまたはコストに関してほとんどまたはまったくメリットがありません)。
研究開発歯科治療を日常的に行うべきではなく、体系的な評価という形での研究開発の枠組みの中でのみ行うべき…
すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。