ログイン

顎と首のシステムの痛みと機能不全

著者:Häggman Henrikson Birgitta/Övertandläkare/Professor/Avd för Orofacial smärta och käkfunktion/Malmö
公開日: 20200418
更新日: 20200419

バックグラウンド

顎と首の領域の間には解剖学的、神経解剖学的、機能的なつながりがあり、これらが一緒になって強力な感覚運動の統合を提供します。これは、顎の機能中に反映され、顎と首の筋肉の間に共活性化が見られ、その結果、顎の関節と頸部の関節が同時に動きます。

ぽっかりと噛むなどの顎の動きでは、顎と首の筋肉の関与は、とりわけ、隙間のある動きのサイズと食べ物のサイズと一貫性によって異なります。大きなギャップの動きの場合、開く動きの間に主な伸びが見られ、続いて閉じるときに主な屈曲が見られます。より伸ばされた頭の位置は、顎の筋肉の隙間のある動きと力の生成を促進することができます。顎と首の筋肉の間の解剖学的接続は、筋肉と筋肉群が一緒にそして協調して働くことを意味します。顎の動きでは、首の筋肉は、頭を安定させるための静的な活性化と、ギャップを閉じる動きに参加するための動的な活性化の両方を通じて寄与します。より大きな隙間のある動きとより大きなサイズとより硬い一貫性のある食べ物では、顎の筋肉の活動の増加だけでなく、次のような首の筋肉にも見られますsternocleidomastoidとtrapezius。

顎と首の動きの間の機能的なつながりは、私たちの生来の運動行動の1つであると考えられており、あくびの動きが頭の伸展と協調している胎児の超音波検査ですでに見られます。統合された顎頸部機能は、6歳の子供でも確認されていますが、その年齢の運動能力は、いくつかの点でまだ未成熟で発達中です。

顎と首の領域間の併存疾患

顎と首の間の機能的な接続に加えて、顎と首の領域の間にも併存症が見られます。顔の痛みのある人は首の部分の痛みも多く、首の痛みのある人は顔の部分の痛みが多くなります。首に痛みがあると、時間の経過とともに顔の領域に痛みが生じるリスクも高まります。逆もまた同様です。さらに、首の後ろの痛みの程度と顔の領域の痛…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。