ログイン

閉塞-痛みと機能障害

著者:Carlsson Gunnar E./Professor emeritus/Institutionen för Odontologi/Göteborg
公開日: 20110511
更新日: 20210130

バックグラウンド

咬合、すなわち噛むときと顎の動きの間の上下の顎の歯の接触状態をどのように設計すべきかは、長い間議論の余地のある問題でした。これは、自然咬傷とさまざまなタイプの補綴物の再建の両方に当てはまります。

新しい神経科学研究は、咬合設計の変化やさまざまな種類の補綴治療に対する患者の適応についての理解を深めるのに役立ちます。

多くの教科書に示されているいわゆる理想咬合は、生活の中でめったに見られない理論的な構造です。ほとんどの人の咬合は、理想的な咬合からの逸脱が多かれ少なかれ示されますが、それでも一般的にはうまく機能します。次に、治療手段を必要としない生理学的閉塞について説明します。

しかし、閉塞が病因と治療に役割を果たすことができる、または役割を果たすと考えられる、痛みと機能不全を伴う多くの状態があります。

まれですが、それでも重要な状態は閉塞障害です。これは英語では咬合感覚異常と呼ばれ、以前はファントムバイト症候群と呼ばれていました。それは、患者が咬合が合わないと感じているのに対し、臨床検査中の歯科医は咬合の異常を検出しないことを特徴としています。

以下では、そのような状態の最も一般的なものにおける閉塞の役割について、現在の証拠に基づく文献に基づいて説明します。

顎機能障害/顎関節の問題

顎機能障害は、伝統的に、痛み、顎関節の騒音、顎機能障害を伴う3つの症状として説明されてきましたが、この用語は、口腔顔面領域の広範囲の痛みと臨床的な関節および筋肉の問題を含むように拡張されました。

英語では、最も一般的な用語はTMD(顎関節症)です。これは、一部の場所でスウェーデンの歯科でも足がかりを得ている用語です。近年、口腔顔面痛や機能障害は、TMDを含むより広い用語として使用されることがよくあります。

最も一般的に使用される分類(RDC / TMD)では、顎の機能障害は3つのグループの状態に分け…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。