ログイン

オクルージョン補正

著者:Mejersjö Christina/Specialisttandläkare/Odont Dr/Avd för Orofacial smärta och käkfunktion/Göteborg
公開日: 20111015
更新日: 20201024

バックグラウンド

不調和な閉塞を伴う咬傷は、歯の損傷、噛む機能の障害の原因となり、補綴物のリハビリテーションを複雑にする可能性があります。比較的簡単な作業で、咬合矯正を行うことができ、良好な結果が得られます。閉塞矯正は、咬傷における拮抗薬間の接触関係を最適化することを目的としています。

適応症

参照:

閉塞-痛みと機能障害

処理

変更された咬合解剖学は、さまざまな方法で取得できます。

顎システムの痛みと機能障害に対する咬合矯正

咬傷の欠陥が側頭下顎障害(TMD)の発症に何らかの重要性を持っているかどうかについては意見が分かれています。今日のほとんどの研究者は、咬傷の干渉が顎のシステムに痛みや機能障害を引き起こすことはないと信じています。多くの研究は、咬傷因子と既存の咬傷生理学的障害との明確な関係を見つけることなく行われており、現代の文献では、咬傷は痛みや顎機能障害の発症にほとんど意味がないと考えられています。

顎機能障害の病因は多様で複雑です。いくつかの研究は、咬傷の欠陥が将来の顎機能障害のリスクの増加につながる可能性があることを示しています。選択的咬合粉砕による治療は、長期的にはほとんどまたはまったく効果がありませんでした。しかし、体系的なレビューは、咬合因子と顎機能障害/ TMDとの関係の証拠が弱いか存在しないことを示しています。

現在、予防的閉…

すべての内容をご覧になるためには、会員登録が必要です。